男女

呪文のような中国語を翻訳できる便利なアイテム

文章の訳を依頼する

男女

中国の文章を業者に依頼して翻訳してもらったときの費用は、翻訳の種類や難易度によって相場は異なります。翻訳の料金を決める方法は出来高制と原語カウント制があり、出来高制は文章を訳す原稿用紙の枚数、原語カウント制は文章に含まれている単語の数によって料金が決まります。

中華圏の言葉を訳す業者

複数の人

主なサービス内容とは

企業が事業を中華圏で行う場合は、中国語の翻訳が必要となるケースが多いです。自社で行うこともできますが、専門業者に任せたほうが効率や正確性、コストなどの面から総合的に考えてメリットは大きいと言えます。こうした業者は、日本語から中国語、中国語から日本語への翻訳作業を行ってくれます。中国語といっても、北京語や広東語、文字の種類も簡体字と繁体字というようにいろいろあり、それぞれに対応した翻訳を行っている業者は多いです。対象の国、地域に応じてこれらを使い分け、作業をしてくれるのが特徴です。また、依頼主のニーズによって翻訳文のカスタマイズ可能な業者もあります。ビジネスライクなフォーマルな文章にしたいのか、あるいは若い世代の顧客を対象にした親しみやすい文章にするのか、などにより文体を変えることが考えられます。使いたいシーンにより柔軟にカスタマイズをしてもらえるので、取引先とのやりとりなどのビジネスシーンや、顧客への広告宣伝などに至るまで、いろいろな場面で活用することができるでしょう。さらに、工業やIT、医学、化学、法律といった特殊専門分野を扱っている業者も存在します。これらは一般的な翻訳能力に加え、それぞれの分野の専門知識が必要とされます。専門分野取り扱い業者は、こうした知識に精通したエキスパートをスタッフとして抱えており、他ではできない高度な内容の文書でも、精度が高い翻訳を期待することが可能です。

言語トラブルを避けるため

オペレーター

中国との取り引きをサポートしてくれる翻訳サービスは色々ありますので、ビジネスを成功させたいなら活用しましょう。テキストの相互変換や会話のサポート、そして公式ホームページ作りなどの翻訳サービスが存在するため、便利に利用すれば、中国での成功が見えてきます。

人を雇うよりも安く済む

地球

会社で中国と取り引きをする場合は、言葉の分かる人間を雇うよりも、翻訳業者を利用したほうが安く済む場合が多くあります。日常業務で利用できるところから、医療系や法務系の専門家が揃った業者まで色々あるため、頼みたい翻訳の難易度によって選定しましょう。